時間の使い方が半端ない

ハリネズミ

お金持ちは時間の使い方が半端ないといえます。 一度は聞いたことがあると思いますが「時は金なり」「タイムイズマネー」といいます。 しかし、実際にはお金以上に時間が貴重な時があります。

1億円積んでも1時間欲しいというときもありますので、時間は場合によってはお金以上に貴重なものとなるのです。

お金持ちはそんな貴重な「時間」の使い方を熟知しています。
そのため、他人からみれば「なんでそんな時間の使い方してるの」と疑問に思うような使い方を時としてするのです。

お金持ちは時間を大切にするので、他人から見ると冷たい合理主義者のようにみられることがあります。

確かに、友人との集まりの際にも自分のことを優先するといったこともありますので、他人からみると冷たい態度に映るかもしれません。 しかしながら、お金持ちはそうした他人からの評価よりも時間を大切にすることもあります。
むしろ、自分が正しいと思っていることに対しての批判に対して耳を傾けません、時間の無駄ですから。

また、お金持ちは時間を確保するためにお金を用いることもあります。

例えば自分でやると時間がかかることを、人を雇って任せるといったようなこともします。 お金に縁が無い人は自分でやったほうがお金の節約になると感じるかもしれませんが、時間がお金より貴重なときもあるので、お金持ちはお金を惜しみなく使います。

お金持ちは時間の管理も徹底しています。

無駄なお金を使わないようにするために家計簿をつけるのと同じで、無駄な時間を使わないようにするために時間の管理を徹底します。

とはいえ、お金持ちも時間をかけるべきことはきちんと時間をかけます。 自分自身にとって有益なこと、また他人のためになることに対しては惜しみなく時間をかけます。

お金を惜しみなく使うように、時間も必要なことに対しては惜しみなく使うのです。

お金持ちにとって、時間はお金と同じくらい大切か、それ以上のものなのです。
一人一人の時間は有限だということをお金持ちは誰よりも熟知しているのです。