他人と自分にお金を使う

支払い

お金持ちはお金を貯める方法も熟知していますが、お金の使い方についても熟知しています。 お金持ちは他人のためにお金を使うのです。

他人のためにお金を使うのは中々できることではありません。まずは自分を優先させるでしょう。 しかし、お金持ちは他人のためにお金を使います、それゆえにお金持ちなのです。
そして、同時に自分のためにもお金を使います。お金持ちは他人を気遣うと同時に、自分のためにもお金を使うのです。

以下では他人と自分にお金を使うということがどういうことなのかについて説明しましょう。

・他人にお金を使う

お金持ちは家族や立派だと思う人、感謝したい人にお金を使います。
お金持ちはお金を有効に使いますので、そうした人々のためになれるのでしたら自分のお金を惜しみなく出すのです。 そうすることで他人を手助けし、関係がさらに良好になっていきます。

お金持ちはその関係を何よりも大切にします。
友情や愛情はお金で買えないといいますが、間接的に助長させることは可能なのです。

お金が必要な人が他人からお金をもらえたら金額だけでなく、その思いやりに感謝するのです。 その感謝は人と人との関係をより深いものにします。
お金持ちはその関係を大切にするのです。将来の自分を高めることにもつながりますし、その人と幸せな日々を一緒に歩いて行けるためです。

・自分にお金を使う

お金持ちは他人ばかりにお金を使わずに、自分自身のためにもお金を使います。
自身の健康・容姿・教養・社交性などを高めていくために惜しみなくお金を使うのです。

今の自分だけではなく、将来の自分に対してもお金を使います。 そうすることでお金持ちは一生を大切にして生きていくのです。


以上のようにお金持ちは他人と自分のためにお金を使う術を知っています。
最初は金額が少なくてもいいので、皆様もぜひ実践してみてください。